ヤミ金 口座凍結

口座が狙われています

 

ヤミ金は、人の口座で商売をします。
なぜなら、自分(自社)の口座で取引すれば、そこから簡単にアシがつきアゲられてしまいます。

 

何しろ、やっていることが違法なんですから、見つかればつかまります。
そのため、他人名義の口座はいくつあっても困りません。というかないと困ります。

 

そこで何をするかというと、貴方の口座を奪おうとしてくるかもしれません。

 

返済ができなくなったり、利子が払えなくなったりすると、その代わりに口座をよこせとなってくることがよくあるようです。

 

しかし、ちょっと待ってください。もし、あまりの取り立てに疲れてしまい、貴方の口座をヤミ金に渡してしまうと後々厄介な事になってしまいます。

 

一番まずいのは、貴方も違法なヤミ金業者の共犯とみなされてしまう危険性を秘めているのです。

 

悪質な業者に口座を譲渡してしまうと、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に触れてしまいます。
今大きな問題になっている振り込め詐欺なども、他人名義の口座で犯罪が行われているので、今、口座の譲渡に対しては、かなり厳しく取り締まりが行われています。
凍結口座名義人リストなどといったものもあり、ひとつの口座だけではなく、色々な銀行で作った口座までも対象に取り締まられてしまうこともあります。

 

とにかく、自分の口座はかたくなに守ってください。

 

口座凍結

 

サラ金問題でよく出てくるものに、銀行口座の凍結というものがあります。
その凍結は大きく分けると、こちらから凍結してしまうものと、金融機関の方で凍結されてしまう2通りがあります。

 

まずは自分の方から凍結するのはこんな場合です。

 

ヤミ金はあなたと契約する際に、その商売に使えそうなあなたの個人情報を、山のように貴方自身からすっぱ抜いています。
その中の一つに、貴方の銀行口座がばれているということがあります。

 

貴方の口座がヤミ金にばれているといことは、ヤミ金がその口座に勝手にお金を振り込んでくる「押し貸し」をやられてしまう危険性があります。
弁護士などに依頼していれば、このような方法が察知できるので、それを阻止するために自分の方から金融機関に連絡して口座を凍結することがよくあります。

 

また、もう一つの口座凍結は、ヤミ金などにとられてしまった口座が悪質なことに使われているとみなされると、その口座が使えなくなるように金融機関の方で凍結してしまいます。

 

何故悪質なことに使われているかがばれてしまうのかといえば、ヤミ金があなたの口座を使って、他の客の返済する口座に使ったりするため、振り込んだ客から通報などがあれば、その口座は悪質な口座とみなされたりします。

 

そうなると、その口座の主はあなたです。火の粉はあなたに降りかかってきてしまいますので、絶対に口座を手放すことはしないでください。