ヤミ金の取立て

ヤミ金の悪質な取り立て

 

貴方の携帯にかかってくるうちはまだいいのですが、家の固定電話やファックアス、さらには勤務先、果ては親戚から知り合いにまでに取立ての電話が、朝から夜遅くまで鳴り響き始めたらたまったものではありませんね。

 

そうなったら、とにかくそんな取り立てを一刻も早くストップさせなければ、貴方の将来にも関わります。

 

法的にも正当な理由がない限り、夜の9時から翌日の朝8時までの取り立ては禁じられています。
また、勤務先への電話や訪問、親戚や知人といった第三者への弁済要求も違法です。

 

勤務先にかかってくる電話などは、会社の営業妨害にまで発展してしまうこともあり、早いところ解決しないと貴方の今後の在籍すらピンチに立たされてしまいますね。

 

だからといって、貴方自身がサラ金業者の前からうまいこと身を隠せたとしても、残された家族や親戚、そして会社にまでこのような迷惑は掛かり続けます。
いや、さらにヤミ金の嫌がらせはひどくなるかもしれません。

 

貴方がヤミ金にうまいことだまされた被害者であったとしても、残念ながら火種はあなたにあります。
逃げ回るだけではどんどんとヤミ金の思うつぼ。きちんと後始末はしなければなりません。

 

ヤミ金のいうことは聞かない

 

こんなやり取りをヤミ金としている間に、ヤミ金が取引を仕掛けてくるかもしれません。

 

たとえばよく使われるのは、銀貴方の行口座を情と白とか、新規で口座を開設して来いなどというものです。
ヤミ金は自分たちの口座で商売すれば、すぐにアシが付き捕まってしまうので、他人の口座で融資や返済業務を行います。

 

もし貴方が口座を渡してしまい、それが闇金に使われたとしたら、貴方もヤミ金に加担したということで、犯罪者になってしまう恐れもあります。

 

脅かすわけではありませんが、とにかくこんなヤミ金といつまでもつながっていては、貴方の人生はめちゃくちゃにされてしまいます。

 

警察や司法関係の専門家に頼って、悪質な闇金と一日も早く手を切ってください。

 

特にヤミ金対策に慣れている弁護士などの専門家なら素早く手を打ってくれます。
取立て電話を止めることから始まり、貴方をこんな地獄から救うために、凛としてヤミ金と渡り合ってくれます。