システム金融

システム金融の手口

 

ヤミ金は、個人をターゲットにしている業者と零細企業をターゲットにしている業者がいますが、システム金融は、その後者の零細企業を食い物にしている悪徳業者です。

 

システム金融の手口は、FAXやDMなどで融資を勧誘する旨の情報を、経営難に陥っている零細企業に送り付け、それに飛びついてきた事業所に手形や小切手を発行させ、それに対して法外な金利で融資をおこなうヤミ金です。

 

つまり、現金がどうしても必要な零細企業が発行した手形や小切手をもとに、現金を貸してくれるというものです。
もちろん手形や小切手の額面分の金額を貸してくれるわけはありません。振り込まれてくる融資額は法外な金利分が差し引かれた金額です。

 

とにかく、資金繰りをつけたい零細企業は、その場しのぎでそのような融資を受けてしまいますが、その発行した小切手などが不渡りになってしまうと大変です。
何しろ銀行との取引が停止されしまえば、倒産に追い込まれてしまいますから。

 

そのため必死にそれらが不渡りにならないように、期限までにその額面の分だけ現金を用意しなければなりません。そのためまた次のシステム金融でお金を工面する羽目になってしまいます。

 

もうそうなると次から次への自転車操業に走ってしまい、結果システム金融に骨の髄まで食いつくされ倒産してしまいます。

 

その自転車操業となったいくつもの業者は、業者間で連携がとられていることが多く、そのことからこのような悪徳商法が「システム金融」と名づけらといわれています。

 

バブルも崩壊し景気も冷え切った年頃には、経営資金に困った零細企業がこのような悪質なヤミ金の餌食となり、倒産した挙句、夜逃げや事業主の自殺などといった悲惨な結末を迎えることも少なくありませんでした。

 

しかし、この手の業者は、貸金業の登録などしていない無登録業者のため、電話番号や住所などは頻繁に変更したり、小切手などを送らせる際も郵便局留めなどにして営業していたため、摘発することが難しかったようです。